買取相場

プロジェクターの買取相場を徹底解説!高額買取を実現するちょっとしたコツも伝授!

purojekuta

プロジェクターを購入してみたけど、実際はあまり使わなかったという人もいると思います。

このプロジェクターって買取してもらえるのかな?

実は、プロジェクターの中には高値で買取してもらえる製品が多くあります。この記事では、プロジェクターの買取価格を決める要素や買取価格の相場、プロジェクターを高く買取ってもらうためのコツを紹介します。

読んでいただければ、どうしたらプロジェクターを高く買取ってもらえるのかがわかります

プロジェクターの買取で不安のある人は、ぜひ参考にしてみてください。

プロジェクターの買取価格を決める要素

  • 【メーカー】人気メーカーは需要があり、値がつきやすい
  • 【機能】高性能なプロジェクターは高額に
  • 【使用感】使用時間が短いと高査定

プロジェクターの買取価格を決める要素はこの3つです。特に、メーカーと機能は重要なポイントです。

【メーカー】人気メーカーは需要があり、値がつきやすい

プロジェクターを販売しているメーカーはたくさんあります。その中でも、人気のあるメーカーのプロジェクターは買取価格がつきやすいです。理由は、中古市場でも需要が高いからです。

特に、EPSONのプロジェクターは種類も豊富で、多くのシーンで利用されており、人気が高いです。そのため、買取市場でも高値で取引されています。他には、SONYやBenQなどのメーカーも人気です。

このような、人気メーカーのプロジェクターを持ってる人は、不要になった場合、ぜひ買取に出してみることをおすすめします。

【機能】高性能なプロジェクターは高額に

基本的には、高性能のプロジェクターほど高価格で販売されており、買取の際も高額で買取されています。性能の要素の一つである解像度はパネルタイプに関係しています。

パネルタイプには、手頃な価格の液晶(3LCD)パネル、コスパがいいDLP、ハイモデルのLCOSと分かれています。液晶パネルでは1万円以内で購入できるプロジェクターが数多く、ハイモデルのLCOSになれば、高画質になるぶん価格が大幅に上がります。

実際に、SONYのVPL-VW255はLCOSを採用しており、4K対応のプロジェクターになると査定価格が40万円を超えてきます。

解像度以外にも映像の縦横の比率を表すアスペクト比や接続形式なども査定価格に影響してきます。ハイビジョンに対応したアスペクト比16:9の製品や、HDMIやWi-Fi対応のプロジェクターは人気が高いです。

【使用感】使用時間が短いと高査定

使用時間の短いプロジェクターほど、高額で買取されます。これは、プロジェクターのランプが消耗品で、寿命があることが理由です。

使用時間の長いプロジェクターは、残りの寿命も減っているため、買取価格も減額されていきます。プロジェクターの買取を検討するときは、使用時間のことも頭に入れておきましょう。

プロジェクターの買取価格の料金相場

プロジェクターの買取価格の相場:3,000円〜数万円

プロジェクターは家庭からビジネスとさまざまなシーンで利用されています。性能によって販売価格にも大きな差があるため、買取価格にも幅が出てきます。

『EPSON』のプロジェクター買取相場

EPSON EB-X41:10,000円

EPSON dreamio EH-TW7100:100,000円

プロジェクターの大きなシェアを誇るEPSONは買取市場でも人気が高いです。高性能機であるdreamio EH-TW7100はかなりの高値で買取されています。

『SONY』のプロジェクター買取相場

SONY VPL-HW15:10,000円

SONY LSPX-P1:25,000円

SONYもプロジェクターのメーカーの中では人気のあるメーカーです。VPL-HW15の年式は古いですが状態が良かったため、10,000円という買取価格がつきました。

『BenQ』のプロジェクター買取相場

BenQ TH671ST:18,400円

BenQ TK800M:54,100円

台湾を拠点にしている海外メーカーのBenQもプロジェクターを幅広く展開しています。BenQのプロジェクターは比較的安価で高性能な機種も多く、人気が高いため、買取の際も値がつきやすいです。

プロジェクターを高く買取ってもらうためのポイント

  1. セットで買取に出す
  2. 買取に出す前に動作確認をする
  3. 売ると決めたら使わずに早く売る

ここではプロジェクターを高く買取ってもらうためのポイントを紹介します。この3つのポイントを意識することで、買取の際に減額されないようにすることができます。

セットで買取に出す

買取店舗がまとめうりを歓迎しているため、スクリーンなどとセットで買取してもらうことで、買取価格を上げることができます。店舗によっては、買取金額アップなどのキャンペーンを大々的にしているところも多く、少しでも高い買取を希望するなら効果的な方法です。 

実際にプロジェクターを買取に出す際、同時にスクリーンも不要になることが多いと思いますので、ぜひセット売りも検討してみてください。

買取に出す前に動作確認をする

プロジェクターは長い間使わずに放置していると動作不良を起こすことがあります。ジャンク品扱いになると、値をつけてもらうことが難しくなるため、買取に出す前は必ず動作確認をしておきましょう。

一度動かしておくことで、買取査定の際も正常に動作する確率が高くなります。正常に動くかどうかは買取価格にも大きく影響してくるため、忘れずに動作確認をしておいてください。

また、動作確認の際には、プロジェクターに付属しているリモコンも一緒に確認をしておくと、さらに安心できます。

売ると決めたら使わずに早く売る

プロジェクターはランプに寿命があるため、使用時間が短いほど買取価格が高くなります。プロジェクターを買取に出すと決めた場合は、動作確認以外ではなるべく使わないようにしましょう。

プロジェクターはプレミアのつきにくく、製造から5年以上たったプロジェクターは査定額が下がる傾向にあるので、早めに売りに出すのもポイントです。

プロジェクターの高価買取のコツまとめ

おうち時間も増え、プロジェクターの需要は高まっています。その分、プロジェクターの買取を検討している人も増えていると思います。プロジェクターには思わぬ買取価格がつくこともありますよ。

できるだけ高値でプロジェクターを買取してもらいたいという人は、ぜひ、この記事を参考に実践してみてください。