買取相場

スクリーンの買取相場を徹底解説!高額買取を実現するちょっとしたコツも伝授!

sukuri-n

スクリーンは仕事だけでなく、自宅など、プライベートの空間でも使われる機会が多くなっています。

「使わなくなったスクリーンって売れるのかな?」

スクリーンを使う人は増えていますが、買取できるのかを知っている人は少ないと思います。

この記事では、スクリーンの買取価格を決める要素や買取価格の相場、高く買取ってもらうためのコツを解説していきます。

スクリーンの買取や処分で悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

スクリーンの買取価格を決める要素

  • 【サイズ】インチが大きくなるほど高価格
  • 【タイプ】電動タイプは一番価格が高い
  • 【使用感】映像が表示される幕面を大事に!

スクリーンの買取価格を決める3つの要素です。この中でも、スクリーンのサイズや収納・設置タイプに大きく影響を受けます。順番に解説していきます。

【サイズ】インチが大きくなるほど高価格

スクリーンは100インチ前後の製品が使用されることが多いです。これは自宅でホームシアターのように活用する人が増えてきたためです。さらに大型サイズのスクリーンは講演会などの、大会場で使われることが多いです。

スクリーンの買取価格も、基本的にはサイズが大きくなるほど高額になります。新品で販売されているスクリーンの価格も80インチよりは150インチのスクリーンの方が高額で販売されています。

実際に、「オーエス」のMSシリーズでは、83FN(83インチ)は18,300円、103FN(103インチ)が23,700円で買取されています。スクリーンのサイズは買取価格を決める大きな要素であることがわかります。

【タイプ】電動タイプは一番価格が高い

スクリーンのタイプには、電動・手動・自立と3つのタイプがあります。電動タイプは比較的高価格です。収納がリモコン一つで対応でき、手間が掛からないからです。そのため、買取の際も高値で取引されています。

手動・自立式のスクリーンは、設置や収納に手間が掛かる分、安価で販売されている製品が多いです。壁に掛けるだけのスクリーンは数千円で販売されている製品も数多くあります。

スクリーンの性能が同じであれば、電動タイプのスクリーン方が買取価格は高くなることを覚えておきましょう。

【使用感】映像が表示される幕面を大事に!

スクリーンの使用感も買取価格を決める上で、重要なポイントです。傷や汚れなどの使用感のあるスクリーンは買取の際もマイナスになります。可能な限り状態よく使用することをおすすめします。

特に、映像を表示する幕面の傷には注意しましょう。幕面はデリケートな素材であることも多く、衝撃で破れてしまうこともあります。

使用しないときはしまっておく、安全な場所に設置するなど、スクリーンを保護できるように使うことも大事です。

スクリーンの買取価格の料金相場

スクリーンの買取価格の相場:1,000円〜30,000円

スクリーンの買取価格の幅は広いです。その中でも、人気メーカーのスクリーンは比較的高額で買取されています。

『オーエス』のスクリーン買取相場

オーエス MT-77:4,200円

オーエス EP-100HM-MRK1-WF204:76,900円

オーエスは数多くのスクリーンを販売しているメーカーです。中には、数十万円を超える高級機も存在します。買取市場でも高額で取引されています。

『エリートスクリーン』のスクリーン買取相場

エリートスクリーン M100UWH2-SRM:14,000円

エリートスクリーン M150XWH2:29,900円

エリートスクリーンは世界規模で製品を展開しているメーカーです。日本向けには高品質で低価格のスクリーンを提供しています。品質が良く、高額で買取されることも多いメーカーの一つです。

『サンワサプライ』のスクリーン買取相場

サンワサプライ 100-PRS019:10,900円

サンワサプライ PRS-Y90HD:16,300円

ビジネスや学校の授業用のスクリーンを多く展開しているサンワサプライ。いろいろな設置タイプのスクリーンを揃えているメーカーです。自立式ですが、PRS-Y90HDは高値で買取されています。

スクリーンを高く買取ってもらうためのポイント

  1. ホームシアターセットで買取ってもらう
  2. 複数の店舗で査定額を比較する
  3. 付属品は購入時の状態に揃える

スクリーンを高く買取ってもらうための3つのポイントです。順番に解説していきます。

ホームシアターセットで買取ってもらう

ホームシアターとして利用するためにスクリーンを購入した人も多いでしょう。買取してもらう際も、ホームシアターセットとして売ることで買取価格を上げることができます。

例えば、スクリーンだけでなく、プロジェクターや音響用のスピーカーなどです。それぞれ単品では値がつきにくい場合でも、セットにすることで買取価格をあげてくれる場合があります。

スクリーンの買取を検討するときは、ホームシアターセットとして売ることもできるのかを考えておきましょう。

複数の店舗で査定額を比較する

複数の店舗で買取査定をしてもらうことも、買取価格を上げるためには重要なポイントです。買取する店舗によって、需要の差もあり、価格にばらつきが出るためです。

インターネットで簡単に査定をしてくれる店舗や出張査定してくれる店舗も増えてきています。スクリーンを買取してもらう場合は、必ず複数店舗で査定をしてもらい、比較した上で、高額買取してくれる店舗を選びましょう。

付属品は購入時の状態に揃える

最後は基本的なことになりますが大事なポイントです。スクリーンを買取してもらう際は、必ず付属品を揃えてください。これだけで、査定額のマイナスを防ぐことができます。

ベストな状態は新品の状態にすることです。箱や説明書から、ケーブルやリモコンなどまで、購入して箱を開ける前の状態に戻していきましょう。普段から、付属品の取扱に気をつけて保管しておくことをおすすめします。

スクリーンの高価買取のコツまとめ

スクリーンは使う人も増え、買取市場でも需要の高まっている製品です。かなりの高額で売れることもありますよ。不要になったスクリーンを持っている人は、ぜひ買取を検討してみてください。