買取相場

ビデオカメラの買取相場を徹底解説!高額買取を実現するちょっとしたコツも伝授!

bideokamera

ビデオカメラを高く買取ってもらいたい!でも、高く買取ってもらうためには何をしたらいいの?

この記事では、ビデオカメラの買取価格を決める要素や買取価格の相場を見ながら、ビデオカメラを高く買取ってもらえるためのポイントを解説します。

ビデオカメラを高く買取ってもらうためのポイント
  1. カメラ専門店やネットオークションで売る
  2. カビにも注意しキレイな状態をキープ
  3. バッテリーやケーブルなどの付属品も揃える

この3つのポイントを意識することで、不要になったビデオカメラを高く買取してもらえる可能性が上がります。

どうしたらビデオカメラを高く買取ってもらえるのかと悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください!

ビデオカメラの買取価格を決める要素

  • 【年式】発売から5年以内がベスト
  • 【機能】扱いやすい機能付きビデオカメラは人気
  • 【使用感】本体の傷や汚れはマイナスポイント

ビデオカメラの買取価格を決めるポイントはこの3つです。主に年式や機能で買取価格が決まり、使用感でマイナス査定をされるイメージを持ってもらえるとわかりやすいです。

それでは詳しく解説していきます。

【年式】発売から5年以内がベスト

ビデオカメラの買取価格を決める一番のポイントは年式です。カメラと違ってビデオカメラはプレミアがつきにくい製品のため、より新しいビデオカメラの方が高値で買取されます。

発売から5年以内のビデオカメラは需要があり、値がつきやすく人気。特に、発売から2年以内のビデオカメラであれば高額で買取される可能性が高いです。

比較的新しいけど使わなくなってしまったビデオカメラを持っていたら、ぜひ買取査定に出してみてください。

【機能】扱いやすい機能付きビデオカメラは人気

ビデオカメラの機能性も買取価格を決める大事な要素です。特に、初心者でも扱いやすい機能を搭載したビデオカメラは人気が高く、値がつきやすいです。

具体的には、手ブレ補正やタッチパネル機能を搭載したビデオカメラ。簡単にキレイな動画を取れることから、とても人気が高いです。また売れる可能性が高いため、機能性の高いビデオカメラは高額で買取されています。

【使用感】本体の傷や汚れはマイナスポイント

ビデオカメラも使用感が少ないキレイな状態の方が高値がつきます。買取の基本として、未使用・未開封の新品の状態が一番買取金額が高価です。これについては、ビデオカメラも変わりません。

ビデオカメラは持ち運ぶことが多いため、傷がつくこともありますよね。しかし、傷があることで査定金額が下がっしまうので、将来的に買取を検討している人は、使用感が買取金額に影響することを覚えておきましょう。

ビデオカメラの買取価格の料金相場

ビデオカメラの買取相場:10,000円〜50000円

発売から5年以内のビデオカメラであれば、高額で買取されています。人気メーカーのビデオカメラの買取相場を確認しながら、手持ちのビデオカメラの買取金額をイメージしてみてください。

『SONY』のビデオカメラの買取相場

SONY HDR-CX470:11800円

SONY FDR-AX40:35,200円

ビデオカメラでも人気が高いSONYは高値で買取されています。特に、4K対応のSONY FDR-AX40は高額買取の実績があります。

『Panasonic』のビデオカメラの買取相場

Panasonic HC-W580M:11,000円

Panasonic HC-VZX992M:37,000円

Panasonicのビデオカメラも人気が高いです。2016年発売のPanasonic HC-W580Mでも1万円以上で買取されています。

『JVC』のビデオカメラの買取相場

JVC Everio GZ-F270:13,000円

JVC Everio GZ-N1:33,000円

洗えるビデオカメラで人気が高いJVCのビデオカメラも高値で買取されています。2017製の耐衝撃・耐低温を売りにしたJVC Everio GZ-F270は、今だに高値で買取されています。

ビデオカメラを高く買取ってもらうためのポイント

ここからは、ビデオカメラを高く買取ってもらうためのポイントを解説します。

  1. カメラ専門店やネットオークションで売る
  2. カビにも注意しキレイな状態をキープ
  3. バッテリーやケーブルなどの付属品も揃える

この3つのポイントに注意することでビデオカメラを良い査定で買取ってもらうことができます。

ポイント1:カメラ専門店やネットオークションで売る

ビデオカメラは専門的な機能も多いです。そのため、ビデオカメラの良さを理解してくれている買取業者に買取ってもらった方が高値で売れます。普通の買取店よりも、カメラ専門店に買取査定を出してみましょう。

また、ネットオークションで買取してもらうこともおすすめです。運動会などで急遽使うことになった人もいるため、思わぬ高値で買取ってもらえることも。

ビデオカメラを買取ってもらうところをいろいろ検討して、より高値で買取してもらえるようにしましょう。

ポイント2:カビにも注意しキレイな状態をキープ

ビデオカメラはいろいろな環境で使うため、カビが生えることがあります。特に、湿度が高い場所や水気の多い場所で使用した後は、乾いた布などでしっかりと水分をとってください。

カビだけではありませんが、傷や汚れがなるべくつかないように、定期的なメンテナンスが重要ですね。

ポイント3:バッテリーやケーブルなどの付属品も揃える

ビデオカメラを使う際に、重要な付属品が欠けてしまうと買取金額が大きく下がってしまいます。特に重大なものは、バッテリーやケーブルですね。ビデオカメラを買取に出す際は、必ずバッテリーなども準備してください。

また、箱や説明書もあるとベストです。なるべく高い買取価格で買取ってもらためには、付属品も購入したときの状態になるといいですね。

ビデオカメラの高価買取のコツまとめ

この記事では、ビデオカメラの買取価格を決める要素や買取相場を確認しながら、ビデオカメラを高く買取ってもらうためのポイントを解説しました。

ビデオカメラを高く買取ってもらうためのポイント
  1. カメラ専門店やネットオークションで売る
  2. カビにも注意しキレイな状態をキープ
  3. バッテリーやケーブルなどの付属品も揃える

ぜひ、不要になったビデオカメラを買取してもらう際の参考にしてくださいね。